株式会社アルミス

アルミ型材・板材、農業用資材、セレモニー用資材、人工光型植物工場、近距離運搬車両

プライバシーポリシーサイトご利用についてサイトマップ

KAITOに魅せられた人々 – File No.01

 

 

 

KAITOへ賭ける思い

 

今までの常識と既成概念を打ち破り
ユニークな発想とアイディアで世間の役に立つものを作りたい。
現在と未来、今日と明日を生きる人間に喜ばれるものを提案し遺したい。

 

社長の余田知彦のそんな想いから始まった電動車両kaitoプロジェクト。

 

その名前kaito(カイト)は余田の父の名前から由来しています。

 

父の名に賭けて良い物を創る、そんな強い意志のもと2年ほど前から電動車両事業開発が始まりました。

 

 

大量生産大量販売大量消費ではなく
本当に価値あるものを長く、もったいないの精神で リユース する。
シェアリング、レンタルにかかわる新たな消費価値観のビジネス提案を出来ればと考えています。

 

 

たとえば、使用数年経過した後は良品の状態で中古市場へ送り出し
商品寿命を少しでも長く、大切に使って頂ける車両をKaitoは目指します。

 

 

また、きめ細やかなアフターケア・メンテナンスサービスを行う事で
安心してご利用頂ける環境を整えることもKaitoの最優先事項の一つです。

 

 

NEW STANDARD
KAITOは S-TYPE をベーシックモデルとして進化を重ねていきます。
まずは運送業者の今までにない配送手段として、その後も様々なシーンに対応すべく変化していきます。

 

 

ゆくゆくは宅配、移動サービスやシニア世代の乗り物、施設、観光地での利用など
幅広くニーズに合った商品開発を行い進化していくでしょう。

 

 

弊社では国内本社工場と中国自社工場を有することで、
品質とコストの両極をバランスよく融合させた生産方式が実現しました。

 

 

生産能力や技術力を国外に移転し自社工場を持つ事をリスクと捉え、
効率訴求主義で生産のすべてを中国をはじめとする海外工場にOEM委託する企業が多い中
商品開発から生産、販売に至るまで一貫して自社で責任を持って行う。
創る者の魂がこもった、光を解き放つアルミスKAITOの時代が来たと思っています。

 

 

これまでの20年の自転車業界での経験を活かしながら、
新たな乗り物市場を創造できる営業活動にこれからも従事して参ります。

 

 

 

 

 

>> File No.2へ

 


2012-06-08

お電話によるお問い合わせはこちら

企業情報 事業案内
カタログダウンロード

メディア情報

商品開発秘話

FACEBOOK

出展情報

サイクルショップKAITO

チャレンジ25